2007年10月30日火曜日

.NET(Mobile) OracleLite10gメモ

■WindowsPCよりDBを作成するには
・コマンドプロンプトより
createdb POLite DatabaseName password

・プログラムからは
Public Shared Sub CreateDb() 

    Dim fileName As String = "<ORACLE_HOME>\Mobile\Sdk\bin\CreateDb"

   Dim args As String = "POLite DatabaseName password"

    Dim process As System.Diagnostics.Process

    process = System.Diagnostics.Process.Start(fileName, args)

    process.WaitForExit()

End Sub


■WindowsPCより接続を確認するには
・コマンドプロンプトより
msql system/password@JDBC:POLite:DatabaseName


■DBを削除するには
・コマンドプロンプトより
createdb POLite DatabaseName password

・プログラムより
Public Shared Sub RemoveDb()

        Dim fileName As String = "<ORACLE_HOME>\Mobile\Sdk\bin\RemoveDb"

        Dim args As String ="POLite DatabaseNmae"

        Dim process As System.Diagnostics.Process

        process = System.Diagnostics.Process.Start(fileName, args)

        process.WaitForExit()

End Sub


■DBに表を作成するには
・コマンドプロンプトより
msqlで接続後「Create Tabele」SQL文を流す
又はmsqlで接続後にsqlファイルを指定する。(Poldemo.sqlはデモ用テーブル)
SQL> @<ORACLE_HOME>Mobile\DBS\Poldemo.sql

・プログラムより
Public Shared Sub CreateTable(sqlFilePath as string)

        Dim filename As String = "<ORACLE_HOME>Mobile\Sdk\bin\msql"

        Dim args As String = "system/password@jdbc:POLite:DatabaseName @" & sqlFilePath

        Dim process As System.Diagnostics.Process

        process = System.Diagnostics.Process.Start(filename, args)

        process.WaitForExit()

        process.Close()

End Sub

2007年10月16日火曜日

silverlightデモ

http://www.telerik.com/demos/aspnet/silverlight/Cube/Examples/RoomDesigner/DefaultCS.aspx

ソファや照明などをクリックしてみてください。


他にもいろいろあります。
http://silverlight.net/Showcase/

Silverlightのプラグインはここからダウンロードしてインストールしてください。
Silverlight

MSDNオフラインセミナー 次世代Webに向けたユーザー体験の開発 in 大阪

昨日は
MSDNオフラインセミナー 次世代Webに向けたユーザー体験の開発 in 大阪 
に参加してまいりました。

いや~面白かったです。
今回のセミナーはASP.NET AJAXとSilverlightについての話がメインでした。
Ajaxについては業務で使用する必要が出てくるだろうと、いろいろ勉強していたので知っている内容ばかりでした。
が、SilverlightとWPFについては業務で使用することは(たぶん)ないので知識としては知っていても、今まで関連サイトなどは深く読まずにスルーしてました。
でも実際にデモを見て

面白そうっ!!


ExpressionStudio欲しいなぁ。
ExpressionStudioがないとしんどいだろうなぁ~
業務で使用しないから買ってもらえないだろうなぁ~
なんとか業務で使える方向があればなぁ~
デザイン部分だけとなると苦しいよなぁ~

あとLINQについても少しデモがありました。
LINQについては軽く知ってはいたのですが・・・こちらも関連サイトなどは深く読まずにスルーしてました・・・orz
実際デモをみて

おぉ~!!

TableAdapterとか型付DataSetとかはどうなるのでしょうか?

とりあえず早速VisualStudio2008 Beta2インストールしてみま~す!!

.NET(Mobile) .NET(Webサービス) Webサービスでファイルの受け渡し

Webサービスを使用して、モバイルデバイスとPCでファイルを受け渡しするサンプル

サーバー側
    ''' <summary>
    ''' クライアントへファイルを送出する
    ''' </summary>
    ''' <returns></returns>
    ''' <remarks></remarks>
    <WebMethod()> _
    Public Function GetFile() As Byte()
        Dim filePath As String = "E:\Webサービステスト\GetFile\testdb.odb"
        Using fs As New System.IO.FileStream(filePath, IO.FileMode.Open)
            Dim ret(fs.Length) As Byte
            fs.Read(ret, 0, ret.Length)
            Return ret
        End Using
    End Function

    ''' <summary>
    ''' クライアントからファイルを受け取る
    ''' </summary>
    ''' <param name="file"></param>
    ''' <remarks></remarks>
    <WebMethod()> _
    Public Sub PutFile(ByVal file As Byte())
        Dim filePath As String = "E:\Webサービステスト\PutFile\testdb.odb"

        Using fs As New System.IO.FileStream(filePath, IO.FileMode.Create)
            fs.Write(file, 0, file.Length)
        End Using
    End Sub


クライアント側
Public Class Form1


    Private Const WebServiceUrl As String = "http://IPアドレス/WebService/Service.asmx"
  
    Private Sub cmdGetFile_Click(ByVal sender As System.ObjectByVal e As System.EventArgs) _
    Handles cmdGetFile.Click
       
        Dim filePath As String = "ファイルパス"
        Dim CallWebService As New WebReference.Service
        CallWebService.Url = WebServiceUrl
        Dim file() As Byte
        file = CallWebService.GetFile()
        Using fs As New System.IO.FileStream(filePath, IO.FileMode.Create)
            fs.Write(file, 0, file.Length)
        End Using
    End Sub
    Private Sub cmdPutFile_Click(ByVal sender As System.ObjectByVal e As System.EventArgs) _
    Handles cmdPutFile.Click
        
        Dim filePath As String = "ファイルパス"
        Dim CallWebService As New WebReference.Service
        CallWebService.Url = WebServiceUrl
        Using fs As New System.IO.FileStream(filePath, IO.FileMode.Open)
            Dim file(CInt(fs.Length)) As Byte
            fs.Read(file, 0, file.Length)
            Call CallWebService.PutFile(file)
        End Using
    End Sub
End Class

2007年10月11日木曜日

雑記 ASP.NET AJAXプログラミング ~Windows標準AJAXフレームワークによるリッチクライアント開発手法~

ASP.NET AJAXプログラミング ~Windows標準AJAXフレームワークによるリッチクライアント開発手法~ (単行本(ソフトカバー))
山田 祥寛 (著)
価格: ¥ 3,780 (税込)
Amazon




Ajaxに興味があったので買ってみました。
丁寧に説明されています。
でもJavaScript嫌いなんですよね。デバッグしにくいし。
Ajaxもどうしても必要な場合のみの使用になるでしょう・・・。

2007年10月1日月曜日

ASP.NET AJAX Control Toolのインストール

http://www.asp.net/ajax/よりASP.NET AJAX Control Toolkitをダウンロードします。



ダウンロードしたAjaxControlToolkit.zipを解凍するといくつかのフォルダが展開されます。
AjaxControlExtenderフォルダ内のAjaxControlExtender.vsiをダブルクリックします。
(ControlToolkitは必要なファイルをアプリケーションに配置するだけで利用できますので、以下の作業は必ず必要なものではありません。以下の作業によりテンプレートを用意することで後々楽に作業ができます。)


「VisualStudioコンテンツインストーラ」ダイアログで、インストールするテンプレートの種類を選択します。(不要なテンプレートをインストール対象から外すことも可能ですが、デフォルトのままでもOK)

ここで「署名が見つかりません」ダイアログが表示された場合には、そのまま「はい」をクリックしてください。

以上でインストールは完了です。

■ControlToolkitのコントロールをツールボックスに追加します。
VS2005を起動しツールボックスに「ControlToolkit」タブを追加します。
「ControlToolkit」タブを右クリックし、「アイテムの選択」より「ツールボックス アイテムの選択」ダイアログを表示します。参照ボタンより先ほどダウンロードし展開したフォルダより
「AjaxControlToolkit\SampleWebSite\Bin\AjaxControlToolkit.dll」を追加します。ControlToolkitで提供されているサーバーコントロールがチェックが入った状態で追加されますので「OK」でツールボックスに追加してください。